気をつけていたのに二日酔い。早く治すにはどうしたらいい?

忘年会やクリスマス、年末年始などもお酒を飲む頻度が増えますが、それが終わればすぐに歓送迎会があり、ビアガーデンが始まり…と飲み会は一年中続きます。気をつけていてもついつい飲みすぎて二日酔いなってしまうことも…。この記事では、二日酔い対策をご紹介していきます。

二日酔いが起こるのはなぜ?

二日酔いはもちろんお酒の飲みすぎなのはわかりますが、なぜ起こってしまうのでしょうか。中には同じ量のアルコールを飲んでいても、二日酔いのかけらもなく、次の日の朝さわやかに出勤してくる人もいますよね。

二日酔いが起こるのは、アルコールを分解できる酵素の働きが低かったり、代謝が悪かったりするのが原因といわれています。アルコールはまず、アルコール脱水素酵素であるADHの働きにより「アセトアルデヒド」という物質になります。

アセトアルデヒドは毒性が強く、頭痛や吐き気などの原因になるといわれています。これをアセトアルデヒド脱水素酵素であるALDHが身体に害のない酢酸に変えてくれます。

しかしアセトアルデヒド脱水素酵素の働きは個人差があり、全く機能しない人もいるのだとか。分解能力が低いと、アセトアルデヒドが身体に長くとどまることになるため、これが二日酔いの原因となるのです。逆にアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが高い人は、早く分解してくれるので、お酒に強く二日酔いになりにくいといえます。

二日酔い対策をしよう

できれば二日酔いにはなりたくないですが、上司から勧められたお酒を断れなかった、楽しくて次々に飲んでしまったということは誰にでもあるでしょう。そんなときのために二日酔いになってしまったときの対処方法を見ていきましょう。

二日酔いにおすすめの食事や飲み物

まず、朝起きて二日酔いだということがわかったら、水を飲みましょう。お酒は利尿作用もあるので、身体の水分が少なくなりがちなのです。水はあまり飲まないという人は、お茶でもジュースでもとにかく水分を多めに取りましょう。昔から有名ですが味噌汁もおすすめ。頭痛がひどいときはコーヒーを飲んでもOKです。カフェインが血管を収縮してくれるといわれています。ただし、コーヒーは少し胃に刺激的で、利尿作用があるので、飲みすぎには注意しましょう。

二日酔いのときは、ミネラルやビタミンがたっぷり取れる身体に優しい食べ物や飲み物がおすすめです。気持ちが悪く、食欲がないなんていうときは無理して食べる必要はありませんが、水分だけはしっかりと取り、ヨーグルトやバナナなど胃に優しく食べやすい食事を取りましょう。

二日酔いに効くツボがある?

二日酔いに効くといわれているツボがあるのをご存知ですか?吐き気がひどいときにおすすめのツボは率谷(そっこく)。耳をぴったりと頭にくっつけたとき、耳があたっている部分から指2本分上にあるツボです。ここに親指をあてて、痛いけど気持ちいいと感じるくらいの強さで5秒ほど押して離すを3分程度繰り返します。

頭痛におすすめのツボは首の後ろの髪の毛の生え際にある、天柱(てんちゅう)。こちらも強めに押して離すを繰り返してみましょう。

二日酔いのとき薬を飲んでもいいの?

水分を取ったり、ツボを押したりしても治らないときは、頭痛薬や胃腸薬を飲んでもOKです。ひどいときは我慢せず薬に助けてもらいましょう。ただし頭痛薬は胃に刺激的なので、頭痛薬を飲むときは胃腸薬を一緒に飲みましょう。

二日酔いにならない量を見極めよう

二日酔いにならないためには、当たり前ですがお酒を飲みすぎないようにしましょう。何も考えずに飲むのではなく、自分が二日酔いにならずに飲める量を理解することも大切です。また、二日酔いのときは、水分が少なくなっているので、激しい運動やサウナなどは控えましょう。二日酔いを紛らわすために、さらにお酒を飲む行為(迎え酒)もNGです。量を見極めて楽しくお酒と付き合いましょう。

知っていると助かるニンニクの匂い消し。食前と食後の対策もご紹介

スタミナをつけて頑張りたいときにニンニクをたっぷり使った餃子やパスタ、ラーメンはぴったりですよね。ニンニクの利いた料理はおいしいですが、気になるのは食べたあとの匂い…。この記事では、ニンニクの匂いを消すさまざまな方法をご紹介していきます。

ニンニクの匂いが消えるまでの時間は?

ニンニクにはアリインという物質が含まれています。このアリインは切ったりつぶしたり刺激が加わるとアリナーゼという酵素と結びつき、「アリシン」という成分に変化することでニンニクの匂いが発生するのです。

もしも何も匂い対策をしなかった場合、ニンニクの匂いはどのくらい続くのでしょうか。口臭は3時間程度、体臭はなんと16時間程度といわれています。体臭には個人差があり、長いと48時間続くこともあるといわれていますので、『ランチは仕事中だから気になるけど、夜ならいいか。』と気軽に食べてしまうと、翌朝にはまだ匂いが残っている可能性が充分にあるのです。

誰でもできる。ニンニクの匂いを消す方法

ニンニクの匂いは、国によっては気にしないといったところもありますが、日本ではそうもいきません。いざというときに誰でも簡単にできる、ニンニクの匂い消しの方法を覚えておきましょう。

食前ならりんごジュースや牛乳を飲もう

ニンニクを食べることがわかっているときは、食前にも対策しましょう。食前に飲むといいといわれているのは、りんごジュースや牛乳です。りんごジュースは匂いの原因であるアリシンを分解してくれるといわれています。牛乳は匂いが身体に吸収されにくくなるといわれており、ヨーグルトなどの乳製品も牛乳と同じく期待ができます。またカテキンが含まれている緑茶もおすすめです。青汁も匂い対策に使えます。種類によっては、カテキンが緑茶の2倍以上含まれているものもありますよ。

食後は歯磨き。匂い対策の薬もある

食後はまずは丁寧に歯磨きをしましょう。歯だけではなく、舌のケアも一緒にすると口臭対策になります。歯磨きができない状況なのに、ニンニクの入った料理を食べてしまったというときは、ミント系のガムもおすすめです。また、食後に飲むことができるサプリメントは、胃の中から匂いの対策ができますよ。水なしで飲めるものも多いのでバッグの中に忍ばせておいてはいかがでしょうか。

  • 商品名:小林製薬 ブレスケア ミント カプセルタイプ 50粒 口腔清涼・消臭剤
  • 参考価格:416円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

朝もまだ匂う?匂いは当日だけじゃない

朝起きると、さすがに口臭は歯磨きしていればほとんどありませんが、身体から昨日の夜に食べたニンニクの匂いがまだする…なんていことはよくあります。そんなときは水分を多めに取ったり、お風呂に入って身体を温めたりなど、尿や汗から匂いを排出しましょう。朝時間があれば、ジョギングやウォーキングで一汗流すのもありです。

手についたニンニクの匂いを取るには?

チューブタイプのニンニクであれば手は汚れませんが、生のニンニクのおいしさには叶いませんよね。しかし、調理したあとにいつまでも手がニンニクの匂いで気になることがあります。そんなときはシンクやボウルなど、ステンレスで手をこすりましょう。不思議なことに金属イオンと反応して匂いがすっきり取れます。実はこのステンレス、魚を切ったときの手の生臭い匂いも消してくれるのです。

他にも、ビニールの手袋をして調理したり、酢やレモンを薄めた水で洗ったりといった方法がありますが、手袋はゴミがでますし、酢やレモンはささくれなどの傷口があるとしみるので、ステンレスに手をこする方法が一番楽です。

匂い消しの方法がわかればニンニクも怖くない

ニンニクの匂いを消す方法はたくさんありますが、どれも難しいことではないのですぐに試せそうですね。最近は匂いをできるだけ抑えたニンニクなどもあるので、匂いは気になるけど、どうしても食べたいというときは探してみてはいかがでしょうか。

スピリタスの飲み方は?美味しいレシピや注意点を紹介

アルコール度数がとても高いことで知られるお酒、スピリタス。あまりにも強いので扱いを間違えると危険もありますが、その刺激的な味わいを活かした美味しい飲み方も数多く知られてきました。そんなスピリタスの、おすすめの飲み方や注意点をご紹介します。

スピリタスとは?

インパクトのある特徴で、お酒好きの間ではとても高い知名度を誇るスピリタス。ですが、その詳細はよく知らない…という方も多いのではないでしょうか。まずは、スピリタスがどんなお酒なのか知っていきましょう。

「世界一強い」と言われるウォッカの一種

スピリタスは、ポーランドで生まれたウォッカの一種です。特筆すべきはなんといってもそのアルコール度数で、およそ96%という強さを持ちます。

ビールのアルコール度数が5%ほど、ワインや日本酒が15%ほど、一般的に強いお酒とされるテキーラやウイスキーでも40%ほど、ということを考えると、スピリタスのアルコール度数がいかに高いか分かりますね。

さらに言えば、アルコール消毒薬でもその度数は80%ほどで、スピリタスはそれよりも強いことになります。そのため、ポーランドではスピリタスを消毒に利用することもあるそうです。

アルコール度数が高すぎて火気厳禁

アルコール度数96%となると、もはや純粋なアルコールとほとんど同じです。そのため、スピリタスを扱う際は火気厳禁とされており、消防法上も正式に「危険物」の分類になっています。

「スピリタスを飲みながらタバコを吸おうとしたら引火して大火傷」という事例が多くあることからも、その危険性が分かりますね。

スピリタスの美味しい飲み方

扱い方を間違えると危険もあるスピリタスですが、その強烈なアルコール度数を活かした美味しい飲み方やアレンジレシピも多く知られています。その中でも特に人気のものを見ていきましょう。

スピリタスに果実を漬け込んで果実酒に

スピリタスの美味しい飲み方として本国ポーランドでも人気なのが、「果物を漬け込んで果実酒にする」というものです。

アルコール度数が非常に高いスピリタスは短期間の漬け込みでもしっかりと果実の味が出る上に、お酒としてはさっぱりと雑味のない味わいのため、果実の甘さを引き出してくれるという魅力があります。

特にレモンを漬け込んだ果実酒「リモンチェッロ」は、ヨーロッパを中心に広く人気を集めてきました。完成した果実酒は炭酸水などで割って飲むのが一般的で、甘さの中にも強烈な味わいのあるお酒として楽しめます。

カクテルのベースに

分類的にはウォッカであるスピリタスは、カクテルのベースとしても活用されてきました。

ウォッカベースのカクテルの多くはスピリタスを使うことでも作ることができ、そのままでは味わいにくいスピリタスのすっきりとした甘みも体感できます。

ただし、スピリタスの元々アルコール度数が非常に高いため、カクテルを作る際は通常のウォッカベースより割合を減らすなど、酔いすぎないための注意が必要です。

炭酸水と合わせてショットで

スピリタスの本来の味をなるべくそのまま楽しみたいときには、ショットグラスに炭酸水と1:1の割合でスピリタスを注いでぐっと飲むスタイルがおすすめです。

炭酸水と混ぜることで、アルコールの強さとしては現実的に飲める範囲内まで薄まるので、雑味のない甘い味わいも感じることができるでしょう。

ですが、炭酸水で割ったとしてもアルコール度数は50%近くなります。アルコール度数が高いことに変わりはないため、飲む量やペースには十分な注意が必要です。

スピリタスをストレートで飲むのは危険

世界一アルコール度数の高いスピリタスですが、「そのままストレートで飲んだらどうなるの?」と想像する方も多いのではないでしょうか。

スピリタスは、そのあまりのアルコール度数の高さから、そのまま飲んでも味を感じられることはほとんどないと言われています。口の中から食道、胃までもが焼けるような熱さと痛みに襲われ、苦しい思いをして終わることがほとんどです。

無理に飲むと体調を悪くするどころか、アルコールが得意でない人にとっては文字通り命の危険さえあります。スピリタスを直接ストレートで飲むのは絶対におすすめできませんので、注意しましょう。

正しい飲み方でスピリタスを味わおう

あまりにもアルコール度数が高いため、危険で恐ろしいお酒として見られることも多いスピリタス。ですが、うまくアレンジして正しい飲み方で味わえば、強い刺激とすっきりした飲み心地を楽しめます。

スピリタスの美味しい飲み方を知って、無理なく楽しく味わってみましょう。

「ジムビーム」の蒸留所はどこ?歴史や度数、ラインナップまとめ

世界No.1の売り上げを誇るアメリカ産バーボン「ジムビーム」。日本でもCMが話題となり、興味を持っている方も多いのではないでしょうか?今回は「ジムビーム」の歴史や種類、飲み方について、初心者の方にも分かりやすくご紹介していきます。

「ジムビーム」とは?

原料となるトウモロコシの濃厚な香ばしさと、後味に残るほのかなバニラの香りが魅力の「ジムビーム」には、一体どのような歴史や特徴があるのでしょうか?

ケンタッキー州が誇るバーボンウイスキー

アメリカ・ケンタッキー州のクラーモントで醸造されている「ジムビーム」は、1795年創業でなんと220年以上の歴史をもつアメリカを代表するバーボンウイスキーです。

7世代に渡って引き継がれてきた伝統製法は、大粒で高品質のトウモロコシ「デントコーン」を原料とし、石灰岩で濾過された美しい湧水で時間をかけて糖化させ、代々受け継がれる酵母「ジャグイースト」をつかって発酵させます。マイルドな甘味と「ジャックダニエル」に比べてライトな口当たりでアメリカ産バーボンウイスキー世界No.1の売り上げを誇っています。

蒸留所「アメリカン・スティルハウス」

ケンタッキー州クラーモントにある「ジムビーム」の蒸留所「アメリカン・スティルハウス」は、現役の蒸留所でありながら「ジムビーム」の製造について施設見学も可能。ガイドによる見学ツアーも実施されていて、観光名所としても人気の観光スポットです。

「ジムビーム」人気のラインナップ紹介

「ジムビーム」にはレギュラーボトル「ホワイト」を含めた全8種類のラインナップが用意されています。フレーバーに特徴があるものや製造方法に特徴があるものなど、今回はその中から人気の種類をまとめてご紹介していきます。

悪魔の取り分?「デビルズカット」

熟成させた原液を取り出したあと、樽に染み込んで残った原液のことを「悪魔の取り分」と呼びます。その残った原液を抽出し、長時間熟成させたバーボンとブレンドした「ジムビーム デビルズカット」は、ウッディな深い樽香とスパイシーでビターな風味が特徴です。

甘味よりも苦味が際立つ「デビルズカット」は、肉料理にぴったり。爽やかなハイボールスタイルなら食事の邪魔をせず肉の旨味を引き立ててくれます。

「アップル」「ハニー」

「ジムビーム」ならではのバニラの香りに青リンゴのリキュールフレーバーがフルーティな「ジムビーム アップル」は、まるでソフトドリンクのように楽しめるソーダで割った「ハイボール」スタイルがおすすめ。

ストレートバーボンウイスキーにはちみつを加えた「ジムビーム ハニー」は、ジンジャエールで割った「ハニージンジャー」や、「ジムビーム」とホットミルクを1:3の割合で合わせガムシロップやはちみつを加えるのも優しい味わいでリラックスしたいときにぴったりです。

新発売「ジムビームハイボール缶」

お店で飲む「ジムビームハイボール」の味を自宅で気軽に楽しめる「ジムビームハイボール缶」は、2019年6月にリニューアルされ、独自開発した「柑橘蒸留酒」でより飲みやすく爽やかな味わいを実現。350mlと500mlで全国のスーパーやコンビニで販売されています。

「ジムビーム」おすすめの飲み方は?

「ロック」や「ストレート」でも楽しめる「ジムビーム」ですが、モヒートやホットウイスキーなど色々な飲み方ができるのも魅力の一つです。続いては初心者でも美味しく楽しめるおすすめの飲み方をご紹介していきます。

好みの炭酸でつくる「クールバーボン」

「ジムビーム」の飲み方の定番として有名なのはソーダで割った「ハイボール」ですが、甘味が欲しい方やお酒があまり強くない方におすすめなのがコーラやジンジャエールなどお好みの炭酸飲料とたっぷりの氷でつくる「クールバーボン」です。

コーラ、ジンジャエールの他、オランジーナなどの柑橘系炭酸飲料もおすすめです。作り方は氷をたっぷり入れたグラスに「ジムビーム」とお好みの炭酸飲料を1:3の割合で注ぎ、炭酸が抜けないよう優しくかき混ぜたら完成です。

バーボン初心者の最初の1本としておすすめ

いかがでしたか?適度な甘味と爽やかな香りで癖がなく飲みやすい「ジムビーム」は、バーボンウイスキー初心者にもおすすめの1本です。世界No.1の売り上げを誇る「ジムビーム」で、バーボンデビューしてみてはいかがでしょうか?

サントリーウイスキー「角瓶」歴史や味の特徴、種類や価格まとめ

耳に残るCMソングと美味しそうな「角ハイボール」のCMで有名なサントリーウイスキー「角瓶」。数ある日本産ウイスキーの中でも特に有名な「角瓶」は、一体どんなウイスキーなのでしょうか?今回はサントリーウイスキー「角瓶」についてご紹介します。

サントリーウイスキー「角瓶」とは?

 

角型ボトルと黄色いラベルの「角瓶」は、飲料メーカー「サントリー」が製造、販売する、いくつかの原酒をブレンドしてつくる日本産の「ブレンデッドウイスキー」です。

「角瓶」の歴史

「スコッチに負けない日本のウイスキーをつくりたい」サントリーの創業者・鳥井信治郎の強い想いから生まれたサントリーウイスキー「角瓶」は、1937年の誕生以来80年以上の歴史を持つロングセラーの日本産ウイスキーです。

ピートの炊き方やブレンディングにこだわったスモーキーな香りと日本人好みの味わいは、発売当時日本海軍の「海軍指定品」として大量納入されたことで成功し、2008年には「角瓶」をソーダで割った「角ハイボール」がブームとなり、現在も「角瓶」の定番の飲み方として定着しています。

歴史ある美しいボトルデザイン

サントリー「角瓶」といえば、その名の通りの角形ボトルとサントリーの象徴である「向獅子マーク」が光る黄色いラベル、置いておくだけでも絵になる日本の伝統工芸「薩摩切子」をモチーフにした美しい亀甲模様が特徴です。

今でこそ「角瓶」という商品名になっていますが、よく見るとラベルには「サントリーウイスキー」の文字のみで「角瓶」の文字はありません。実はかつてこの角形ボトルが「角瓶」と呼ばれて親しまれるようになり、商品名として採用されたという歴史があるのです。

「角瓶」の味の特徴は?

https://jp.123rf.com/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%B3%E6%A8%BD.html?oriSearch=%E5%A4%A7%E9%BA%A6&safe_search=off&imgtype=1&sti=lni4d36d61osiqtqhx|&mediapopup=24050479

ほのかな甘味とウイスキーらしいスモーキーな香りはありつつ、後味はすっきりと爽やかでライトな口当たり。サントリーウイスキー「角瓶」の特徴は何と言ってもブレンデッドウイスキーならではの味の豊かさにあります。

2種類のバーボン樽原酒をブレンド

「角瓶」に使われている主な原酒は、異なる地域に位置する2つの蒸溜所「山崎蒸溜所」と「白州蒸溜所」で製造されている味わいの異なる2種類のバーボン樽原酒。

大阪府・山崎蒸溜所でつくられるバーボン樽原酒は、良質な水と自然を活かした製造方法で、重厚かつ華やかな味わいが特徴。一方、山梨県・白州蒸溜所でつくられるバーボン樽原酒は、ミネラルを多く含む地下天然水によるライトで穏やかな味わいが特徴です。この2つの原酒をブレンドすることで、甘味と爽やかな後味という違った個性を併せ持つ「角瓶」の独特な味わいが完成するのです。

種類と価格、定番「ハイボール」の作り方

https://www.google.com/search?rlz=1C5CHFA_enJP820JP820&biw=1026&bih=673&tbm=isch&sxsrf=ACYBGNT8sG1OcXv4U-cVh8weERjgT7EXIQ%3A1574692651717&sa=1&ei=K-fbXfWbK5mtoASb7ILACA&q=%E8%A7%92%E3%83%8F%E3%82%A4%2Bsite%3Aloohcs.jp&oq=%E8%A7%92%E3%83%8F%E3%82%A4%2Bsite%3Aloohcs.jp&gs_l=img.3…7180.8878..9273…0.0..0.168.1338.1j11……0….1..gws-wiz-img.wgtk75sZjU4&ved=0ahUKEwi13Yqhy4XmAhWZFogKHRu2AIgQ4dUDCAc&uact=5#imgrc=fIRAaqaJj54U-M:

続いてはサントリーウイスキー「角瓶」の商品ラインナップやサイズごとの価格、お店だけでなく自宅でも気軽に楽しめる「角ハイボール」のおいしい作り方をご紹介していきます。

「角瓶」と「角ハイボール缶」

「角瓶」のサイズは全5種類。180ml・526円、700ml・1,590円、1920ml・4,062円、2700ml・5,526円、4000ml・7,827円(価格は全て税抜き)となっており、お試しサイズからたっぷり楽しめるビッグサイズまで豊富なラインナップが揃っています。

また、「角瓶」の定番「角ハイボール」を手軽に楽しめる「角ハイボール缶」は、スーパーやコンビニで購入できます。フレーバーは強めの炭酸が爽快なアルコール度数7%の「角ハイボール缶」と、少し濃いめでウイスキー感がしっかりと楽しめるアルコール度数9%の「角ハイボール缶 濃いめ」の2種類。サイズはどちらも350mlと500mlが販売されています。

美味しい「角ハイボール」の作り方

美味しい「角ハイボール」を作るには、まずグラスにレモンを少し搾り入れ、グラスいっぱいの氷を入れます。その後、「角瓶」とソーダを1:4の割合で注ぎ入れてマドラーでそっと1回しかき混ぜたら完成です。

ポイントは使用するソーダ。「角瓶」の爽やかな後味をより活かすためにも、使用するのは「強炭酸」系ソーダがおすすめです。また、炭酸が抜けないようマドラーでむやみにかき混ぜないのもコツ。最初に搾るアクセントのレモンは、ライムなどに変えてもまた違った味わいになって楽しめます。

まずは自分流のハイボールを極める

https://www.google.com/search?rlz=1C5CHFA_enJP820JP820&biw=1026&bih=673&tbm=isch&sxsrf=ACYBGNR3fkZPQoEw-Wqch-isQIjkSNfBAA%3A1574692844585&sa=1&ei=7OfbXfehI9TAoATMkIqwBg&q=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%2Bsite%3Aloohcs.jp&oq=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%2Bsite%3Aloohcs.jp&gs_l=img.3…18394.26252..26519…4.0..0.204.3645.7j23j1……0….1..gws-wiz-img.PASAkJa6j9A&ved=0ahUKEwj3x4b9y4XmAhVUIIgKHUyIAmYQ4dUDCAc&uact=5#imgrc=nyNaMML2NnownM:

いかがでしたか?「角瓶」を購入したら、まずはご紹介したレシピ通りの「角ハイボール」を味わってみてください。「角瓶」の魅力を存分に味わったら、ぜひ自分流にアレンジしたオリジナル「角ハイボール」を研究してみるのもおすすめです。

ウイスキー好きならアードベッグを。世界中から愛されるお酒を知ろう

ウイスキー好きなら一度は聞いたことがあるアードベッグ。スコットランドのアイラ島で作られている究極のアイラモルトと呼ばれています。この記事では、アイラの恵みがたっぷりと感じられるアードベッグの種類や飲み方などをくわしくご紹介していきます。

アードベッグってどんなウイスキー?

スコットランドのアイラ島で作られる、シングルモルトウイスキーのアードベッグ。名前の由来は蒸留所の場所といわれており、アードベッグにはゲール語で「小さな丘・岬」という意味があります。

個性的な味わいのため好き嫌いがわかれるといわれていますが、ウイスキー通を語るには避けられない一品です。ちなみにアードベッグを愛している人たちを「アードベギャン」と呼んでいます。

そのky

アードベッグは種類がありますが、仕込み水は、アイラ島のピート層を通ったウーガダール湖の水を使用しています。アードベッグのスモーキーな味わいの秘密はこの仕込み水にあるといってもいいでしょう。

アードベッグは種類によって全然違う?

アードベッグは種類によって味わいが大きく変わっていきます。色も味わいもかなり差があるのだとか…。どのような種類があるのかチェックしていきましょう。

アードベッグ10年

アードベッグといえばこれといっても過言ではない、スタンダードなアードベッグ10年。アードベッグテンと呼ばれることもあります。色は淡いゴールドで、さわやかなヨード香と燻製魚、炭焼コーヒーに、ほんのりと柑橘系の果実の香りが加わった一品。チョコレートやシナモンなど薬品のような香りもかすかに感じることができます。46度とアルコール度数も高いので、ぴりっと刺激的。スモーキーな余韻と、飲んでいる間はあまり感じられなかったピートや麦芽の甘味がほのかに残ります。これぞアードベッグといった個性的な香りと味が楽しめるのが特徴です。

アードベッグウーガダール

先ほどご紹介した仕込み水のウーガダール湖から名づけられたアードベッグです。シェリー樽熟成の原酒をブレンドしているのが特徴です。色は濃厚なゴールドで、クリスマスケーキ、クルミのオイル、潮、スミレ、杉、松葉のあたたかみのある香りが広がります。アードベッグウーガダールは、スモーキーさだけではなく、はちみつやチョコレートのような甘みも強く感じられるので、飲みやすく初心者向けですが、アルコール度数は54.2度とかなり高めなので飲みすぎには注意してください。

アードベッグコリーヴレッカン

コリーヴレッカンは、渦潮が発生することで有名なアイラ島とジュラ島の間にある海域の名前からつけられました。深い琥珀色をしており、フレンチオーク新樽で熟成した原酒を使用しています。とにかくスパイシーな味わいでアルコール度数も57.1度と高めです。ペッパーのような刺激と、ダークチョコレート、エスプレッソのような余韻が続きます。ウイスキーには甘さはいらないという人にはおすすめです。大人のアードベッグといえるでしょう。

アードベッグアン・オー

アイラ島南西部にある岬の名前からつけられたアン・オーは、バーボン樽、PXシェリー樽、新樽の3種類の原酒を使用した、まろやかな味わいのアードベッグです。色は明るいゴールドで、檎の木を燃やしたような香りに、トフィーやアニスシードなどのクリーミーな仕上がり。さらに桃やバナナなどの甘い果実の香りも加わったソフトな味わいです。アルコール度数も46.6度なので、初めてのアードベッグにおすすめです。

幻の限定品?アードベッグスーパーノヴァ

スーパーノヴァは超新星という意味です。アードベッグスーパーノヴァは2019年の1月にアードベッグコミッティーメンバーのみに3,000本限定で販売された幻のアードベッグです。ホームページのみでの販売で、なんと1時間52分で完売したのだそう。今まで発売されたアードベッグの中で一番ピートが強く、熱く焼けるような味わいです。アルコール度数はなんと58.9度。

他にも限定品があり、1年に1回行われるアードベッグデイにあわせて発売されるアードベッグがあります。2019年はアードベッグドラム。バーボンカスクで熟成した原酒を使用しており、パイナップルやバナナなどトロピカルな香りが感じられる貴重なアードベッグでした。

アードベッグのおいしい飲み方は?

アードベッグのおすすめの飲み方はまずはストレートで。香りや味をそのまま楽しみましょう。そのあと水割りで飲むとまた違った味わいが楽しめますよ。くせが強いので飲みにくいと感じてしまったときは、ハイボールにするのもおすすめです。さわやかに味わえます。

ウイスキー通ならアードベッグ

ウイスキーを語るならアードベッグは外せません。初心者向けとはいえない特徴的なウイスキーですが、水割りやハイボールなど飲みやすい方法もあるので、自宅で楽しむウイスキーの中に加えてみてはいかがでしょうか。

アウグスビールの魅力とは。日本発の本格クラフトビールを紹介

近年ビールファンの間で話題を呼んでいるのが、日本の東京発の本格クラフトビールメーカー「アウグスビール」です。独自のこだわりで上質なクラフトビールを生み出して人気を集める、アウグスビールの魅力や特徴をご紹介します。

アウグスビールとは?

アウグスビールは、大手ビール会社の重役を経験した創業者の「大量生産のものとはまた違った、材料や製法にこだわったビールを作る」という思いから2004年に生まれたビールメーカーです。

ビール酵母を生かし、コクや深みを追求したビール作りが特徴で、自社醸造施設である「アウグスビール清洲橋醸造場」を持ち、材料から製造・販売まで一貫して行いながらブランドを確立してきました。

「旨いビールを知らない人生は罪だと思います」をキャッチフレーズに掲げ、ビールの醸造には日本を代表する醸造学者が責任者として参加するなど、その品質は国内ビールの中でも最上級。ビール愛好家の間でも、大きな支持を集めてきました。

名前の「アウグス」は「August(本物の、本来の)」のラテン語読みから来ており、本格的なビールを生み出す、という精神を表しています。

アウグスビールのおすすめラインナップ

アウグスビールには、それぞれ特徴の違ういくつものラインナップがあります。その中でもとくに代表的なビールを見ていきましょう。

アウグス オリジナル

アウグスビールのブランドを象徴する最も王道なビールです。

麦芽や水などの原料をはじめ、製造から温度管理まで徹底的にこだわられたクオリティが特徴。無ろ過、熱処理なしで酵母が生きている生ビールに仕上がっていて、上質な味わいを贅沢に楽しめます。

アウグスビールを知る上で、まず飲むべきビールと言えるでしょう。

アウグス ピルスナー

名水として知られる富士山麓の自然水を仕込み水に使用し、原料を極限まで引き立てながら作られたビールです。

圧倒的に上質な酵母と水の力、そして長期の低温熟成によって、極上のコクと爽快なキレを味わうことができます。

ビールに爽やかな喉ごしを求める方にとっては、たまらない一品です。

アウグス IPA

3種類のモルトと4種類のホップを使った、奥行きのある味わいが魅力のビール。しっかりとした苦みと深い旨味が特徴で、それでいて爽やかな香りやすっきりとした後味も兼ね備えています。

重厚な味わいのビールとしておすすめです。

アウグス ホワイト

一般的な大麦麦芽だけでなく、小麦麦芽も原料に使ったビールです。

さらに、オレンジピールやコリアンダーなども加えられることで、ユニークな風味や味わいも生まれているのが特徴。

しっかりとしたコクがありながらも、すっきりとした透明感や独特の甘みも併せ持った個性的なビールに仕上がっています。

アウグスビールを飲むならここで

アウグスビールをベストなかたちで味わうには、アンテナショップに足を運ぶのが最もおすすめです。代表的なアウグスビールのアンテナショップをご紹介します。

PITMANS/清洲橋醸造場

アウグスビールの自社醸造場である清洲橋醸造場を擁する、レストラン型のバーベキュー施設。アメリカ東海岸流の「スロースモークBBQ」の技術を使った本格バーベキュー料理は、クラフトビールと相性抜群となっています。

この店でしか飲めないオリジナルビール「清澄アンバー」「中州ゴールデン」もあり、必見です。

アウグスビール ラボ・キッチン

木材のあたたかみと開放感を併せ持った店内デザイン、魚介類を中心とした豊富な料理メニューが魅力のレストランです。

ふらっと立ち寄って軽く一杯味わうもよし、ゆっくり食事とビールを楽しむのもよしの店になっています。

コースメニューやビール飲み放題のプランなどもあり、宴会やパーティーにも最適です。

上質なアウグスビールを味わってみよう

ビール愛好家もうならせる高品質のラインナップで、国産クラフトビールの新境地を見せて人気を集めてきたアウグスビール。ビール好きなら、一度は飲むべきブランドと言えるでしょう。

上質なアウグスビールを味わって、本物のビールの美味しさを体感してみてください。

本当に美味しい燗酒を飲むためには?作り方やおすすめ銘柄をチェック

日本酒は温度によっていろいろな楽しみ方ができますが、寒い季節ならやっぱり燗酒です。燗酒は奥が深く、作り方や温度によって味わいがガラリと変わります。この記事では、燗酒を美味しく作る方法や、温度の違い、おすすめの銘柄を紹介します。

燗酒とは何?美味しい作り方を紹介

まずは燗酒の基礎情報や、正しい作り方をチェックします。お店で飲むような美味しい燗酒を作るには、どうすれば良いのでしょうか?

燗酒について紹介

燗酒とは徳利で温めた日本酒のことです。お酒を加熱することを「燗をつける」と言い、温度によって別々の名称がついています。

日本酒に1割りほどの水を加えて加熱する「加水燗」や、燗をしてから覚ます「燗冷まし」など、いろいろな楽しみ方があります。炙ったタイやフグのヒレを燗酒に入れるヒレ酒は、旨味とコクを味わえる飲み方です

燗酒の美味しい作り方

燗酒を美味しく作るためには、いくつかポイントがあります。それでは正しい手順を確認しましょう。

  1. 徳利に9割ほど燗酒を注いだらラップでフタをします。
  2. 徳利の半分がつかるくらいの水を鍋にはります。
  3. お湯を沸騰させたら火を止めて徳利をひたします
  4. 徳利の口まで日本酒があがってきたら取り出します。

徳利の底を中指で触って、やや熱いくらいの温度がベストです。長く加熱するとアルコールがとんでしまうので、2~3分くらいで燗酒にしましょう。

燗酒は温度によって味が変わる

燗酒は温める温度によって、味や風味が違います。それぞれの名称や特徴と、温度調節が簡単な燗酒器について紹介しましょう。

温度で変わる名称とは

燗酒は温度によって細かく分類され、それぞれ違った味わいに変化します。

  • 飛びきり燗…55度
  • 熱燗…50度
  • 上燗…45度
  • ぬる燗…40度
  • 人肌燗…35度
  • ひなた燗…30度

飛びきり燗や熱燗だと辛口に、ひなた燗なら柔らかに香ります。日本酒の魅力を一番ひきだせるとされるのが、上燗(45度)です。

ただし、人によって好みがあるので、いろいろ試してみると良いでしょう。飛びきり燗や熱燗を作り、少しずつ冷ましながら味の変化を楽しむのもおすすめです。

燗酒器を活用しよう

一般的な鍋で作れる燗酒ですが、細かい温度調節は難しいでしょう。電気式の燗酒器があれば、手軽に美味しい燗酒を作れます。

中にはお酒の容量や温度を細かく設定できる商品も。お店で飲むような美味しい燗酒が、いつでも味わえます。

  • 商品名:テスコムSK31酒燗器
  • 参考価格:2,979円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

全国燗酒コンテスト受賞銘柄

美味しい熱燗を楽しみたいなら、どの銘柄をチョイスするかも重要です。「全国燗酒コンテスト」で受賞した銘柄の中から、おすすめを3つピックアップしました。

香の泉鳳紋

明治5年創業の老舗酒造が誇る1本です。やや辛口の味わいで、スッキリとしてキレがあります。ぬる燗にすると香りがふくらみ、晩酌にピッタリの日本酒です。

  • 商品名:鳳紋1.8L1800ml
  • 参考価格:2,055円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

蓬莱小町桜

井戸から汲み上げたミネラル豊富な水を、仕込み水として使っています。しっかりしたコクとキレは、燗酒にすることでより豊かに。飛騨の名だたる日本酒として、100年前から愛され続けている定番の銘柄です。

  • 商品名:蓬莱小町桜1.8L
  • 参考価格:1,760円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

花春辛口純米酒

やさしい香りと柔らかな味わいが魅力の銘柄です。のど越しが良く口当たりもなめらかなので、毎日飲んでも飽きません。冷しからぬる燗まで、さまざまな温度で楽しみましょう。

  • 商品名:花春辛口純米酒1800ml
  • 参考価格:1,980円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

美味しい燗酒を楽しもう

燗酒は日本酒の味わいを引き出す飲み方です。一口飲めば風味が広がり、銘柄がもつ深みをしっかり感じられます。

紹介した作り方や銘柄を参考に、美味しい燗酒を楽しんでみてください。温度にこだわったり、燗酒器を使ってみたりすれば、お酒の時間がより充実します。

ベイリーズのカクテルの魅力。特徴やおすすめの作り方を解説

世界で最も支持されるリキュールのひとつ、ベイリーズ。ベイリーズを使ったさまざまなカクテルは、飲みやすくおしゃれなお酒として大きな人気を集めてきました。そんなベイリーズのカクテルの魅力や、おすすめの作り方をご紹介します。

ベイリーズとは?

ベイリーズの名前は知っていても、どんなお酒なのかは詳しく知らない、という方も多いのではないでしょうか。まずは、ベイリーズの特徴を見ていきましょう。

アイルランドで生まれたリキュール

ベイリーズは、1974年にアイルランドで生まれました。

種類としては、蒸留酒をベースに他の材料やお酒を加えて作る「リキュール」に分類されます。

ギルビーズ・オブ・アイルランド社で開発され、世界で最も販売数の多いリキュールとして現在まで圧倒的な支持を集めてきました。

ベイリーズの材料や度数

「ウイスキーにクリームを入れる」というアイルランドの伝統的な飲み方をもとに開発され、今ではクリーム系のリキュールの代表格として知られているベイリーズ。

その材料には強い蒸留酒の中性スピリッツと大量のクリームをベースに、アイリッシュ・ウイスキー、チョコレートやアイスクリームなどのフレーバーが使われています。

中性スピリッツやウイスキーがベースになっているため度数はおよそ17度と高めですが、カクテルにすることでまろやかさが際立ち、飲みやすいお酒に。そのため、女性やお酒の苦手な人からも人気を集めてきました。

ベイリーズカクテルのおすすめの作り方

主にカクテルのベースとして人気の高いベイリーズ。代表的なカクテルの作り方を見ていきましょう。

牛乳と合わせたベイリーズミルク

クリーミーなベイリーズの個性をより引き立たせてくれるのが、牛乳を加えて「ベイリーズミルク」にする飲み方です。

ロックグラスに氷を入れ、そこにベイリーズと牛乳をお好みのバランスで注ぐ……というシンプルな飲み方で、濃厚でミルキーな味わいを楽しむことができます。

ベイリーズを使ったカクテルの定番中の定番として、まずおすすめです。

ホットでも美味しいベイリーズコーヒー

こちらもベイリーズのカクテルの定番、ベイリーズとコーヒーを好きなバランスで混ぜる「ベイリーズコーヒー」。

コーヒーの苦みと風味、ベイリーズのまろやかな甘さがマッチして、ちょっぴりビターな大人の味わいを感じさせてくれます。

ベイリーズミルクと同じく氷を入れたロックグラスに注ぐ作り方はもちろん、温かいコーヒーと混ぜるホットの飲み方もおすすめです。

ユニークで見た目も楽しいB-52

ベイリーズを使ったユニークなリキュールとして人気なのが「B-52」です。

まずコーヒーリキュールのカルーア、次にベイリーズ、最後にオレンジリキュールのグランマニエの順で同じ分量ずつグラスに注ぎ、比重の違いを利用してきれいな層を作る、というカクテルで、インスタ映え間違いなしの色鮮やかな見た目を楽しめます。

ストレートで飲むのはもちろん、度数がきつめなので牛乳などを加えてシェイクする飲み方も人気です。

カクテル以外のベイリーズの飲み方

カクテルのベースとして使うのが一般的なベイリーズですが、それ以外の飲み方、使い方も人気です。ベイリーズの通な味わい方、楽しみ方をご紹介します。

オン・ザ・ロックこそ一番?

クリーミーで甘いお酒としてはもちろん、上質な蒸留酒やウイスキーを材料に使った本格リキュールとしてお酒マニアからも評価の高いベイリーズ。

その深い味わいをストレートに楽しむ飲み方としては、やはりオン・ザ・ロック(氷を入れたグラスに注ぐシンプルなスタイル)が人気です。

ラベルにも「オン・ザ・ロックで飲むのが好まれる」という記載があり、ある意味ではオン・ザ・ロックこそがベイリーズの一番の飲み方と言えるのかもしれません。

アイスにかけて味わう「ベイリーズアイス」

クリーム系リキュールとしてのベイリーズの特徴を活かした味わい方が、「アイスクリームにかけて食べる」というもの。

ベイリーズのまろやかさがアイスクリームと絶妙に絡み合い、大人のためのスイーツとして楽しませてくれます。

手軽に作れる独特のスイーツとしておすすめです。

ベイリーズのカクテルで上質なひと時を

クリーミーで飲みやすいベイリーズのカクテルは、甘く上質なひと時を過ごす飲み物としてぴったりです。

自分好みの飲み方を見つけて、深くまろやかな味わいをじっくりと楽しんでみてください。

デカンタとは?種類やデカンタージュの意味、方法についてまとめ

ワインを食卓やテーブルに提供するときに使う、ガラス製の酒瓶「デカンタ」。ワインをわざわざボトルからデカンタに移し替えるのには、ワインをより美味しく楽しむための秘密があることをご存知ですか?今回はそんなデカンタの秘密と使い方をまとめてご紹介していきます。

デカンタとは?


デカンタとは、ワインをボトルから移し替えて提供するために使うガラス製の酒瓶のことをさします。英語表記は「decanter」となり、カタカナ表記では「デキャンタ」と言う場合も多くあります。

デカンタの歴史

現在はボトルで製造・販売されているワインですが、ワインボトルが普及する17世紀までワインは一般家庭でも樽や甕(かめ)で保存するのが一般的でした。そのため食卓でワインを楽しむときには何かにワインを移し替える必要があり、そこで使われていた「水差し」がデカンタの原点だと言われています。

元々は一般家庭でも使われていた水差しでしたが、ワインボトルの普及後は貴族を中心にその水差しをデカンタと呼んで引き続きワインを楽しむことが広まったため「デカンタ=高級」なイメージが根付いているようです。

デカンタを使う意味

デカンタにはワインを食卓で楽しむためだけではなく、もう一つ重要な役割を担っています。それはデカンタに移し替えることでワインを空気に触れさせて酸化させ、味わいや香りを引き出すこと。さらにボトルに沈んだ沈殿物をワインから分離させることで、ワインの味を劣化させるのを防いでくれるのです。

このようにワインをデカンタに移し替えることでワインを酸化させ、沈殿物を取り除くことは「デカンタージュ」と呼ばれ、ワインを提供するレストランなどでも用いられるワインの飲み方の一つとなっています。

デカンタとカラフェの違いは?

どちらもガラス製でデカンタととてもよく似た形の「カラフェ」は、ワインにも使えますが水など何にでも使えるいわゆる「水差し」で、ワインや酒類専用のガラス容器であるデカンタとは少し意味合いが異なります。

さらにワインでの使い道についても少し異なり、デカンタで行うデカンタージュは主に古い年代物のワインの「味を劣化させる沈殿物を取り除くため」に用いられるのに対し、カラフェで行う「キャラファージュ」は主にワインを空気に触れさせて酸化させ、安価なワインや若いワインなどの「味をより良くするため」に用いられています。

ただし、デカンタにはワインの酸化を促進させる細工が施されたものも多く、総合的にワインを美味しく楽しむためにはカラフェよりもデカンタを用いるのが一般的です。

デカンタージュの正しいやり方

せっかくワインをデカンタでデカンタージュするなら、正しいやり方で美味しく楽しみたいですよね。続いては、デカンタージュ(デキャンタージュと言う場合もあります)の正しいやり方をご紹介していきます。

沈殿物と時間に注意して楽しむ

まず、デカンタージュする前に気をつけることは、ワインボトルを振ったり動かしたりして沈んでいる沈殿物を浮かさないこと。味を劣化させる沈殿物を取り除くこともデカンタージュの重要な役割ですが、その前に沈殿物が混ざってしまっては意味がなくなってしまうので注意が必要です。

ボトルの栓を抜いたら、ライトなどでワインの沈殿物を確認してからデカンタの口にボトルの注ぎ口を近づけ、デカンタの内側に添わせるように静かにワインを注いでいきます。沈殿物に届く手前まで注いだら、すぐに飲むのではなくワインを充分に酸化させるため30分〜1時間おいて飲むのが正しいデカンタージュのやり方です。

ワインだけじゃない?デカンタの種類まとめ

デカンタにはワインだけではなく、コーヒーを淹れたり保存するために使う「コーヒーデカンタ」や、ウイスキーやブランデーなどを楽しむための専用デカンタなど、様々な種類のデカンタが存在します。

コーヒーデカンタ

コーヒーデカンタは抽出したコーヒーを入れておくために使う、三角形のガラス製容器にフタと取っ手がついたもので、コーヒーサーバーとも呼ばれています。ワインのデカンタのように味わいを変化させるためではなく、あくまで抽出したコーヒーを一時的に保管したり、人数分のコーヒーを淹れるときなどに用いられます。

ウイスキー、ブランデーデカンタ

ウイスキーやブランデーもデカンタでデカンタージュすることでより味わいや香りが広がります。ウイスキーやブランデー用のデカンタは角形のものやガラス製のコルクがついたものなど、保管するとき見た目にも美しいものが多いのが特徴です。

デカンタを利用してワインをもっと楽しむ

いかがでしたか?ワインを移し替えて味わいも深めることができる「デカンタ」。これまでワインボトルから直接グラスに注いで飲んでいた方も、ぜひ一度デカンタを使って、時間をかけてじっくりとワインの新しい味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか?