コーヒーを手軽に飲むならインスタント。美味しい入れ方が知りたい

インスタントコーヒーは、コーヒーが飲みたいと思ったときにすぐに飲めるので、忙しい朝などにも助かります。しかし、少し物足りないと感じるときもあるのではないでしょうか。この記事では、ちょっとした工夫でおいしくなるインスタントコーヒーの魅力にせまります。

インスタントコーヒーの入れ方のコツは?

インスタントコーヒーは手軽ですが、豆から挽いたものやカフェの味には叶わず、物足りなさを感じることもあるかもしれません。実はインスタントコーヒーでもちょっとした工夫でより一層おいしいコーヒーを楽しむことができます。コツは特になく、誰でもできるのでぜひトライしてみてください。

お湯の温度に気をつけよう

アツアツのコーヒーが好きだからといって、お湯が沸いたらすぐにインスタントコーヒーに注いでいませんか?インスタントコーヒーは80~90℃のお湯で入れるのがポイントです。熱すぎると苦味成分が多くなってしまいます。苦くて熱いコーヒーが好みの人もいるかもしれませんが、まろやかな口当たりで香りが一緒に楽しめる80~90℃で入れてみましょう。

ちょっとだけ手間をかけるとおいしくなる

インスタントコーヒーにお湯を入れる前に少量の水で練ると、お湯を注いだときにしっかりと溶けるので、雑味のないまろやかなコーヒーができあがります。また、苦味は嫌だけど熱いコーヒーが飲みたいという人は、80~90℃のお湯で入れたあとに、電子レンジで30秒~1分ほど温めると、苦味と酸味が抑えられた熱いコーヒーが楽しめますよ。エスプレッソや深煎りのコーヒーが好きな人は、フッ素樹脂加工のフライパンを使ってインスタントコーヒーを煎るのがおすすめ。少し色が変わってきたかな?くらいがちょうどいいです。

安くて美味しいおすすめインスタントコーヒー

たくさんコーヒーを飲む人は、コスパなコーヒーやできれば安くたくさん手に入れたいですよね。安いだけじゃない!美味しいインスタントコーヒーをご紹介します。

定番のネスカフェ

インスタントといえばネスカフェのゴールドブレンド。50年以上愛される定番商品です。苦味やコクをもっと楽しみたいという人はコク深めのゴールドブレンドもおすすめです。後味すっきりで飲みやすいのに、価格も手ごろなのがうれしいですね。

  • 商品名:ネスレ ネスカフェ ゴールドブレンド インスタントコーヒー
  • 参考価格:975円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

スティックタイプならブレンディ

ペットボトルや水筒などでコーヒーを持ち歩く人もいますが、意外とバッグが重たくなります。しかしインスタントコーヒーをビンや缶を持ち歩くのはかさばりますよね。そんなときに便利なのがスティックタイプ。職場でコーヒーが飲みたいというときもデスクに忍ばせておけば好きなときに飲めます。ブレンディはコーヒーの他にカフェオレや紅茶オレ、ココアオレなど種類が豊富です。ホットでもアイスでも楽しめます。

  • 商品名:ブレンディ パーソナルインスタントコーヒー スティック
  • 参考価格:1,382円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

インスタントコーヒーはギフトにもおすすめ

インスタントコーヒーはギフトにも人気です。自分へのご褒美のもぴったりの少し豪華なインスタントコーヒーを見てみましょう。

マキシムのちょっと贅沢シリーズが人気

ブラジル産の最上級グレードのコーヒー豆を使った、マキシムのちょっと贅沢シリーズは、その名のとおり上品な香りと深いコクが楽しめるインスタントコーヒーです。香りや風味を保つために、冷凍したままコーヒーを真空状態で乾燥させるフリーズドライ製法なのもうれしいポイントですね。

  • 商品名:AGF プレミアム インスタントコーヒーギフト
  • 参考価格:3,110円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

ギフトなら自分では買わない高級コーヒーを

ギフトは普段自分でほしくても、贅沢だからと諦めているものがもらえたらうれしいですよね。おすすめはスターバックスのおしゃれな缶に入ったギフト。スタバのマグカップやタンブラーと一緒にプレゼントしてもいいですね。

  • 商品名:STARBUCKS スターバックス VIA コーヒーエッセンス ギフト
  • 参考価格:2,376円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

インスタントコーヒーはあなどれない

インスタントコーヒーは簡単に作れて味も裏切りません。ただお湯を注いだだけでは少し物足りないなと思っている人は、インスタントコーヒーの入れ方を見直し、ちょっとだけ工夫してみてくださいね。

ハイボール好きならアーリータイムズ。歴史や種類をご紹介

アーリータイムズは有名なバーボンウイスキーです。お酒を飲まないという人でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。この記事では、ロングセラーのアーリータイムズの歴史や種類、おいしい飲み方などをくわしくご紹介していきます。

アーリータイムズってどんなウイスキー?

アーリータイムズは1860年にアメリカで生まれたバーボンウイスキーです。アーリータイムズの蒸溜所は1920年に行われた禁酒法により、存続の危機となりましたが、従業員のサールズ・ルイス・ガスリーが商標権や在庫を買い取り、アーリータイムズを守ったのです。その後も薬用のウイスキーとして認められ、多くの人に親しまれました。現在は世界中の人に愛されており、ハイボール好きの日本人にもなじみの深いウイスキーです。

アーリータイムズの種類や味は?

アーリータームズの種類は現在2種類。種類や味の特徴を見ていきましょう。

ロングセラーのイエローラベル

イエローラベルはライトな口当たりで、バニラのような甘い香りが特徴です。原料はトウモロコシが79%、ライ麦が11%、大麦モルトが10%となっています。アルコール度数は40度。活性炭でろ過されているので、熟成の際にできた不純物が除去されて、すっきりとキレのよい後味が好まれています。

  • 商品名:アーリータイムズ イエローラベル 40度 700ml
  • 参考価格:1,171円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

日本人向け?ブラウンラベル

イエローラベルの原酒を元に日本人に飲みやすいように作られたブラウンラベル。原料はトウモロコシが72%、ライ麦が18%、大麦モルトが10%で、イエローラベルよりライ麦が多く含まれています。ろ過を2回行っているのも特徴の一つです。通常のろ過に加え、ピートをベースにした活性炭のろ過を行っているので、香り高くまろやかな味わいとなっています。スパイシーさの中にりんごのような果実の後味も残る、日本人向けの繊細なウイスキーです。

  • 商品名:ウイスキー アーリー タイムズ ブラウン 700ml
  • 参考価格:1,518円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

ブラインドアーチャーは終売?

アーリータイムズには、青りんごとシナモンのフレーバーを加えたブラインドアーチャーという人気商品もありましたが、こちらは現在生産終了となっています。アルコール度数は33度と通常の商品とくらべると低めのため初心者にも飲みやすく好評でした。

現在はほとんど見かけることはありませんが、りんごのウイスキーが気になる人は、ジムビームからもアップルフレーバーのウイスキーが出ています。また自分でりんごを漬け込むのもおすすめです。

アーリータイムズのおいしい飲み方は?

アーリータームズはどのように飲むのがいいのでしょうか。おすすめの飲み方をご紹介します。

ロックやストレートでもおいしい

ロングセラーのバーボンウイスキーですから、味は裏切りません。特別なことをしなくてもロックやストレートでも美味しいですよ。まずはそのまま飲んでみるのもいいですね。

初心者におすすめなのはハイボール

ロックやストレートで飲むのはアルコール度数も高いので、初心者さんはハイボールがおすすめです。少し甘さが欲しい人は、ジンジャエールやコーラで割ってみましょう。

おしゃれに飲むなら紅茶で

おしゃれなカクテルを楽しみたい人は、アーリータイムズの紅茶割りがおすすめ。セイロンティーなど渋みの抑えられた紅茶がよく合いますよ。さらに飲みやすくするときは、元からアップルなどのフレーバーがついている紅茶を使ったり、はちみつを入れたりするのもいいでしょう。

お手頃価格で気軽に飲めるアーリータイムズ

アーリータイムズは価格も手頃で気軽に楽しめるバーボンウイスキーです。さまざまな飲み方もできるので、一人で飲むときもみんなで飲むときも便利なアーリータイムズ。一家に一本アーリータイムズといっても過言ではないかもしれませんね。

モルトとグレーンの違いとは?ウイスキー通なら知っておきたい豆知識

ウイスキーを飲んでいると気になる言葉がたくさんあります。しかし、なんとなくカタカナでよくわからないし、ウイスキーがおいしければそれでいいと思っている人もいるかもしれません。この記事では、知っていると話題に困ったときに助かるかもしれないモルトやグレーンについてご紹介します。

モルトとグレーンの違いとは?

ウイスキーの原酒は大きくわけるとモルトとグレーンの2種類があります。ウイスキーを作るときに欠かせないモルトとグレーンですが、いったい何が違うのでしょうか。くわしく見ていきましょう。

モルトとグレーンは原料が違う

モルトとグレーンはまず原料が違います。モルトは大麦麦芽だけを使用した原酒です。大麦麦芽はビールにも使用されているので聞いたことがあるという人も多いでしょう。一方、グレーンは大麦だけではなく、トウモロコシや小麦、ライ麦など複数の穀物を原料としています。

モルトとグレーンは蒸溜方法も違う

モルトとグレーンは原料だけではなく、実は蒸溜の方法も違います。モルトはポットスチルと呼ばれる単式蒸溜器で2回蒸溜されます。単式蒸溜器とは、アナログな方法で昔からある蒸溜方法です。蒸溜するたびに液体を入れ、エタノールの蒸溜が終わったら液体を排出する仕組みです。モルトは深みやコクが強いのが特徴です。一方、グレーンは連続式蒸溜器が使われます。お酒のもろみを連続で蒸溜し、不純物を取り除きエタノールが作られます。すっきりとした軽い味わいが特徴です。連続蒸溜器の方が手間がかからず、時間も早いので大量生産に向いています。

スピリッツは蒸留酒のこと

ウイスキーの話をしているとスピリッツという言葉もでてきますが、これは蒸留酒のことをいいます。ウイスキーやブランデー、焼酎なども蒸留酒ですが、日本では4大スピリッツといわれているジン・ウォッカ・テキーラ・ラムのことを指すこともあります。アルコールは発酵させるだけでは、度数をあげるのに限界があります。蒸溜することにより、不純物や水分が取り除かれアルコール度数をあげることができるのです。

ウイスキーはモルトとグレーンの比率で個性が

モルトは100%モルトで出されることも多いです。モルトは蒸溜所で作られたモルトのみで作るものをシングルモルト、複数の蒸留所で作られたモルトをブレンドしたものをブレンデッドモルトと呼んでいます。グレーンはそのままではなくモルトと組み合わせることが多いのが特徴です。ブレンデッドウイスキーと呼ばれ、モルトとグレーンの比率で味わいが変わってきます。

バーボンとスコッチの違いも気になる

モルトとグレーンの違いを知っていると、バーボンとスコッチの違いも簡単に説明ができます。まずバーボンはアメリカ、スコッチはスコットランドと原産地が違います。ちなみにこの2つとカナダのカナディアンウイスキー、アイルランドのアイリッシュウイスキー、日本のジャパニーズウイスキーは世界5大ウイルキーと呼ばれています。

アメリカ生まれのバーボンはモルトとグレーンが組み合わさったブレンデッドなのですが、原料の51%以上がトウモロコシを使用しなければいけないという決まりがあります。一方スコッチはモルト100%またはグレーンを混ぜる場合は60%以上モルトを使わなくてはいけないというスコットランドでも決まりがあるのです。

また熟成の際にも大きな違いがあります。バーボンは新しい樽を使用するのに対し、スコッチは一度何かを熟成するのに使われた中古の樽を使うのです。そのためバーボンは熟成するのが早く、スコッチは時間をかけてゆっくり熟成されるのが特徴です。原料も熟成方法も違うため、味に大きな変化も生まれます。バーボンは後味すっきりの香ばしさや辛味を感じるウイスキーですが、スコッチはまろやかで程よい甘さがうまれます。

モルトとグレーンの違いを知ってウイスキー通に

モルトとグレーンの違いを知るだけでウイスキーを飲むのが楽しくなってきましたね。ウイスキーを飲むときは原料にも注目してみましょう!

ウォッカベースの『タワーリシチ』カクテルレシピとおすすめの材料

透き通った美しい見た目が特徴的なウォッカベースのカクテル「タワーリシチ」。独特な風味はありますが、さっぱりしていて飲みやすいカクテルです。この記事ではタワーリシチの特徴やレシピ、おすすめの材料についてご紹介します。

カクテル『タワーリシチ(タワリッシ)』

タワーリシチは、ウォッカベースにキュンメルリキュールとライムジュースを加えて作るショートカクテルです。

タワーリシチの意味と特徴

カクテル名はロシア語で、「同士」という意味がある「タヴァリーシ」が由来しています。名前の通り親しい人と乾杯したいカクテルです。提供されるバーによってはタワリッシやタワリシチ、タワリッシと呼ばれることもあります。

材料のキュンメル・リキュールとは、キャラウェイ(ひめききょう)にクミン・アニス・フェンネルなどを加えて作る透明のリキュールです。甘みが強く、ほろ苦い風味と独特なハーブの香りを楽しめます。

味わいや美味しい飲み方

テイストは中口、TPOはオールデイ(いつでも)です。度数は比較的高めの30%前後になります。ショートカクテルに分類されますが、お酒に弱い方は焦らず自分のペースでいただきましょう。

ベースのウォッカにも癖が少なく、清涼感があるため比較的どんな人でも飲みやすいカクテルです。キュンメルの個性的な香りと甘み、ライムジュースの爽やかな酸味の中にウォッカのアルコールを感じられます。

『タワーリシチ』の作り方(レシピ)

自宅で手軽に出来るタワーリシチの作り方と材料をご紹介します。

材料(カクテルグラス使用/1杯分)

ウオッカ 30 ml
キュンメル 15 ml
ライム・ジュース 15 ml

引用:カクテルタイプ

ライムジュースは生絞り果汁がベストですが、手軽に作りたいなら加工品のジュースでも問題ありません。

作り方(手順)

  • 材料と氷をシェイカーに入れる。
  • シェイクしてグラスに注ぎ入れる。

簡単アレンジレシピ

基本のレシピは一番バランスの良い味わいとなりますが、お好みで多少分量を変えても問題ありません。度数や味の濃度を変えたい場合は、無味無臭に近い味わいのウォッカを多少増減してみましょう。ウォッカをジンに、ライムジュースをレモンジュースに変更すると、別のカクテル「シルバー・ブレッド」になります。

『タワーリシチ』に使うおすすめのお酒

自宅でタワーリシチを作るなら、材料にこだわって自分好みの味を目指しましょう。低価格でも品質の良い材料を選ぶことでプロの味に近づきます。

ストリチナヤ・プレミアム 750

ロシアの大統領も好んで飲むという、本場ロシアで一番有名なプレミアムウォッカ。ストリチナヤは「首都の」という意味があり、名前の通りモスクワで製造されています。まろやかな味わいと芳醇な香りがカクテルベースにぴったり。

・ 容量:750ml
・ 参考価格:¥1,501(税込)
・ Amazon 商品ページはこちら

オルデスローエ キュンメル スピリッツ

キャラウェイを中心としたスパイスをふんだんに使用したハーブリキュール。キャラウェイは惚れ薬として信じられていたこともあり、花言葉は「迷わぬ恋」です。そのイメージ通り、魅惑的な香りと甘い風味がカクテルに複雑な味わいをプラスします。

・ 容量:700ml
・ 参考価格:¥3,030(税込)
・ Amazon 商品ページはこちら

ポッカサッポロ 業務用ライム100%

メキシコ産のライムを贅沢に絞った100%ジュース。砂糖不使用なので、お酒の割材やカクテルの材料に重宝します。さっぱりした風味でデザート作りやお料理など幅広く使用できます。

・ 容量:720ml
・ 参考価格:¥1,391(税込)
・ Amazon 商品ページはこちら

独特な香りと清涼感が魅力の『タワリッシ』

タワリッシは甘みと酸味のバランスが取れた爽やかなカクテルです。ベースにウォッカを使うことで、キュンメル・リキュールとライムの味わいが生きています。材料は3つのみでレシピも簡単なので、初めて作るカクテルとしてもおすすめです。ぜひ自宅で試してみて下さいね。

簡単に出来るアイスクリームの作り方。人気のレシピとアレンジ6選

口の中でさっと溶ける濃厚なアイスクリーム。手作りなら添加物を気にせず、自分好みのアイスクリームを思う存分楽しめます。この記事では自宅で簡単に作れる基本のレシピやアレルギーの方向けのレシピ、アレンジ方法をご紹介します。

簡単!基本のアイスクリームの作り方

まずは覚えておくと便利な基本のアイスクリームのレシピからご紹介します。チョコレートやフルーツを加えることで、様々な味のバリエーションを楽しめます。

アイスクリームの材料(2人前)

  • ①牛乳 150ml
  • ①上白糖 60g
  • 卵黄 2個
  • 生クリーム 50ml
  • バニラエッセンス 少々

 

本格的な味を目指す場合、バニラエッセンスは欠かせません。牛乳や生クリームは濃厚なものがおすすめです。

アイスクリームの作り方

  1. 牛乳、上白糖を鍋に入れる。上白糖が溶けるまで弱火で熱する。
  2. ボウルに卵黄を溶き、①を加えて混ぜる。
  3. ざるで越して鍋に戻してから中火にかける。
  4. かき混ぜながら5分ほど熱し、とろみがついたらボウルに移す。
  5. ④を氷水に付けて冷やす。
  6. 生クリームを別のボウルに入れて6分立てまで泡立て、⑤に加える。
  7. バニラエッセンスを加えて混ぜる。
  8. バッドに映して30分程冷凍庫で冷やす。
  9. 一度冷凍庫から出し、かき混ぜてから再度冷やし固める。

(レシピ参考:kurahiru

簡単なアレンジ方法

出来上がったバニラアイスにチョコレートソースやフルーツソース、黒蜜ときな粉、胡桃とメープルシロップ等をかけても美味しくいただけます。バルサミコ酢、インスタントコーヒー、リキュール、オリーブオイルと塩などを組み合わせると大人の味わいに。もちろんケーキやクレープ、パフェなどのスイーツとも相性抜群です。

卵・乳不使用!アイスクリームの作り方

乳製品・卵無しで作れるアイスクリームのレシピをご紹介します。アレルギーをお持ちの方やカロリーを制限したい方にぴったりです。

生クリーム無しで作れるアイスクリーム

生クリームの代わりに豆乳クリームと糸こんにゃくを使用したヘルシーなレシピです。糸こんにゃくはしっかりした茹ですることで臭みが消えます。

材料(作りやすい量)

  • 糸蒟蒻(白)or白滝 1/3袋
  • 豆乳クリーム 1パック
  • 豆乳 あれば少々
  • きび砂糖 1/2カップ
  • 蜂蜜 大さじ1
  • バニラエッセンス (4~5滴)

作り方

  1. 糸こんにゃくを下茹でする。
  2. ブレンダーにかけて滑らかなペースト状にする。
  3. 他の材料も全て加え、生クリームがしっかり混ざるまでブレンダーにかける。
  4. 冷やしてミントを飾る。

(レシピ参考:nadia

卵無しで作れるアイスクリーム

卵を使わず、生クリームの泡立ても必要ない簡単なレシピです。とても簡単なのに、濃厚で滑らかな口当たりのアイスに仕上がります。

材料(4人分)

  • 生クリーム 200ml
  • 牛乳 100ml
  • 砂糖 50g
  • バニラエッセンス(またはバニラビーンズ) 少々

作り方

  1. 生クリーム半分、砂糖、牛乳を鍋に入れ火にかける。
  2. 砂糖が溶けたら火から降ろし、残りの生クリーム、バニラエッセンスを加える。
  3. 静かに混ぜてからバットに入れて、冷凍庫で冷やす。
  4. 固まり切る前に一度取り出し、スプーンなどで混ぜる。
  5. 再度冷やし固める。

(レシピ参考:レシピブログ

様々な味に挑戦!アレンジアイスのレシピ

基本のアイスクリーム作りに慣れたら、アレンジして様々な味わいを楽しみましょう。この記事では特におすすめレシピを厳選してご紹介します。

4つの材料で作るカスタードアイスクリーム

ふわふわした食感で食べやすいカスタードアイスクリームのレシピです。卵の風味が効いていてバニラアイスとはまた違う美味しさです。

材料(2人分)

  • 卵 1個
  • 砂糖 大さじ4
  • 薄力粉 大さじ2
  • 牛乳 200cc

作り方

  1. ボウルに卵と砂糖を加えすり合わせる。
  2. 薄力粉を加え、ダマにならないように良く混ぜる。
  3. 牛乳を少しずつ加えながら混ぜ、レンジ(600w2分)で加熱する。
  4. ボウルを取り出し、混ぜたら再度1分程レンジで加熱する。
  5. 同じように、混ぜて加熱する工程をもう一度繰り返す。
  6. ボウルを取り出し、バットに流し入れて冷蔵庫で冷やす。
  7. 2時間程度冷やしたら取り出し、スプーンで混ぜる。
  8. 平らに慣らしラップをかけ、再度3時間程度冷やし固める。

(レシピ参考:delishkitchen

マンゴーアイスクリーム

甘くて濃厚なマンゴーの果肉を使ったアイスクリーム。リキュールを加えるので、少し大人の風味に仕上がります。

材料(4~6人分)

  • 冷凍マンゴー300g
  • 卵黄1個
  • グラニュー糖80g
  • 明治おいしい牛乳200ml
  • お好みのリキュール大さじ1
  • レモン汁大さじ1

作り方

  1. 冷凍マンゴーを解凍し、フードプロセッサーにかけておく。
  2. ボウルにグラニュー糖、卵黄を入れすり合わせる。
  3. 鍋に牛乳を入れて火にかける。
  4. ②のボウルに③の牛乳を加えながら混ぜる。
  5. ④を火にかけてとろみがつくまでかき混ぜる。
  6. 鍋を火から降ろし、こして滑らかにする。
  7. 粗熱が取れたら①のマンゴー、リキュール、レモン汁を加える。
  8. よく混ぜて冷凍庫で冷やし、固まってきたら取り出す。
  9. フードプロセッサーにかけ、再度冷やし固める。

(レシピ参考:明治おいしい牛乳

ジューシーな桃のアイスクリーム

夏にぴったりの、ジューシーな桃を贅沢に使ったアイスクリームです。混ぜるだけで簡単なのでお子さんと一緒に作るのもおすすめです。レシピでは桃とアイスを別に作って盛り付けますが、混ぜても美味しくいただけます。

材料(作りやすい量)

  • 卵黄 2個
  • 砂糖 45g
  • 牛乳 200g
  • 生クリーム 100g
  • 桃 1/2個(約100g)
  • アイスクリーム 120g
  • 水 100g
  • 砂糖 100g
  • ミント お好み

作り方

  1. ボウルに卵黄と砂糖を加えてよくすり合わせる。
  2. 鍋に牛乳と生クリームを加え沸騰する直前まで温める。
  3. ①に②を少しずつ加え、よく混ぜる。
  4. ③をバットに流し入れる。粗熱を取り冷凍庫で冷やす。
  5. 3~4時間後に取り出し、スプーンで混ぜる。
  6. 再度冷蔵庫で冷やし、何度か取り出して混ぜる工程を繰り返す。
  7. 桃を食べやすいサイズにカットし、水と砂糖を混ぜた砂糖水に入れる。
  8. アイスクリームと桃をグラスに盛りつけてミントを飾る。

(レシピ参考:nadia

アイスクリーム作りを自宅で楽しもう

アイスクリームは自宅で手軽に作れるスイーツのひとつです。手作りなら安心・安全なだけでなく、低コストでたっぷりアイスクリームを楽しめます。基本のアイスを覚えれば様々なアレンジも楽しめます。ぜひご自宅で試してみて下さい。

コーヒーメーカーは機械音痴でも使える。手軽にコーヒーを楽しもう

自宅で本格的なコーヒーが楽しみたいけど、コーヒーメーカーはちゃんと使えるか不安、手入れが面倒なのではないかと懸念している人もいるかもしれません。実はコーヒーメーカーは気軽にレンタルもできる時代なのです。この記事では、コーヒーメーカーの種類や選び方をくわしくご紹介していきます。

コーヒーメーカーにはどんな種類がある?

コーヒーメーカーは、大きくわけると3種類あります。機械の操作が苦手という人も簡単においしいコーヒーができるので、どんな種類があるのか見ていきましょう。

一般的なドリップ式

最も一般的なコーヒーメーカーはドリップ式です。水とコーヒーの粉をセットすれば、蒸らしたり、お湯の温度を調節したりする必要がなく、誰でもおいしいコーヒーを抽出することができます。ドリップ式のコーヒーメーカー仕組みは、電気でお湯を沸かし、コーヒーの粉に注がれ、保温プレートの上に乗ったコーヒーポットにコーヒーが溜まっていきます。ミル付きのものは豆を挽くこともできますが、少し価格があがります。コーヒーメーカーを使うのが初めてなので試してみたいというときは、比較的安価なミルがなしの機械を選ぶといいでしょう。フィルターはペーパーを使うものが一般的ですが、メッシュのフィルターにすれば自動でお手入れできる機能もついているタイプもあり楽です。

手軽に楽しむならカプセル式

短時間で入れて手軽にコーヒーを楽しむならカプセル式がおすすめです。機械専用のカプセルと水をセットして抽出します。1杯分だけ作ることができるので、いつでも出来立てのコーヒーを飲むことができます。コーヒーの出がらしを片付ける手間もないですし、お手入れも簡単です。

エスプレッソ好きなら専用マシン

エスプレッソは圧力をかけて短時間で濃厚なコーヒーを抽出する方法です。お値段はかなりしますが、エスプレッソ好きにはたまりません。自宅でエスプレッソを楽しみたいという人におすすめです。エスプレッソは濃いのでカフェインも多いのでは?と飲みすぎを気にしている人が多いですが、実は短時間で抽出するため、お湯にカフェインが溶け出す暇があまりなく、普通のコーヒーより少ないのです。

コーヒーメーカーの選び方は?

自分がどのコーヒーメーカーを使ったらいいのか迷いますよね。コーヒーをたくさん飲みたい、粉から入れたいという人はドリップ式を選びましょう。コーヒー豆を挽きたいときはミル付きにしましょう。コーヒーは好きだけど、粉から入れるのは面倒、でもインスタントコーヒーは何か物足りないという人はカプセル式がおすすめです。1杯だけ飲みたい、コーヒー以外の飲み物も飲みたいという人もカプセル式を選ぶといいでしょう。カプセル式のカプセルは専用商品になるので、別の機械で使うことはできません。そのためカプセル式を選ぶときは、カプセルの種類にも注目してみてください。いうまでもなく、エスプレッソが大好きという人は、少々お値段は張りますがエスプレッソ専用の機械を選んでみてはいかがでしょうか。

機械はレンタルできる?業務用だけ?

コーヒーメーカーのレンタルは、会社だけと思っていませんか?実は家庭でもコーヒーの機械をレンタルすることは可能です。コーヒーメーカーが無料でレンタルする方法は、コーヒーの豆や粉、カプセルを定期的に購入することです。定期的に購入してもらえれば、機械を無料で貸し出ししても利益が生まれるという仕組みなのです。いきなり購入するのは不安という人は、ぜひレンタルしてみてください。

コーヒーメーカーの使い方は簡単

コーヒーメーカーは機械の操作が苦手という人でも簡単に使うことができます。自動でやってくれるので、面倒なことはありません。部品を分解してお手入れしなくてはいけないといったこともほとんどないので、ぜひ試してみてください。まずはレンタルするのも一つの手ですよ。

コーヒーとお酒は相性抜群。カクテルやコーヒー酒の作り方もご紹介

大人の味のドリンクといえば、コーヒーとお酒。コーヒーもお酒もどっちも好きという人はコーヒーカクテルやコーヒー酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。この記事では、コーヒーリキュールを使ったカクテルやコーヒー割りのお酒、自宅で作れるコーヒー酒の作り方をご紹介します。

コーヒーリキュールを使ったカクテル

コーヒーリキュールは、コーヒーの苦味だけではなく甘味もあるお酒で、アイスクリームにかけたり、お菓子を作るときに使われたりもします。まずはコーヒーリキュールを使ったカクテルからご紹介していきます。

定番のカルーアミルク。ホットもおいしい

コーヒーリキュールを使ったお酒といえばカルーアミルクです。作り方は簡単で、コーヒーリキュールと牛乳を混ぜるだけ。コーヒー牛乳のような味わいなので、お酒が苦手な人でも飲みやすくなっています。牛乳ではなく豆乳で割るのもおすすめです。ちなみにアイスだけではなく、ホットでも楽しめるカクテルなので、寒い季節は牛乳を温めてからコーヒーリキュールを入れるといいでしょう。

大人の味。エスプレッソマティーニ

バーで出てきそうなおしゃれなエスプレッソマティーニはエスプレッソとウォッカを30ml、コーヒーリキュールとカカオリキュールを15mlずつシェーカーに入れて、氷と一緒にシェイクします。茶こしを使ってグラスに注げば完成です。茶こしを使うことできめ細やかで、クリーミーなカクテルに仕上がります。

コーヒーでお酒を割ってみよう。割り方は?

コーヒーリキュールではなく、コーヒーでお酒を割るカクテルもあります。有名なのはアイリッシュコーヒー。グラスに砂糖を入れ、ウイスキーをコーヒーで割ります。お好みでウィンナーコーヒーのように生クリームを乗せるのもおすすめです。ホットでもアイスでも楽しめるお酒です。コーヒーをエスプレッソに変えるとカフェコレットというカクテルになります。コーヒーの風味が強いお酒がいいという人はエスプレッソで作ってみましょう。

コーヒーはウイスキー以外にも、ブランデーやラム酒、ワインとも相性がいいです。コーヒーリキュールやチョコレートリキュールをコーヒーで割ってもおいしいですよ。ブランデーやワインをコーヒーで割るときは、柑橘系のリキュールもよく合います。ちなみにコーヒーは、お酒に負けて風味が失われないように、深煎りで濃いめに抽出するのがポイントです。

コーヒー豆でお酒ができる?コーヒー酒の作り方

コーヒー豆を漬け込んだコーヒー酒をご存知ですか?梅酒のようなイメージでコーヒー豆を漬けるととてもおいしいのです。ロックやストレートでそのまま飲んでもいいですし、炭酸水やミルクなどを混ぜても絶品です。

早速誰でも簡単に作れる、コーヒー酒の作り方をご紹介します。用意するものは以下のとおりです。

  • コーヒー豆 100g
  • 氷砂糖 100g
  • ホワイトリカー 1,800ml

保存用の容器は作りたいお酒の量の2倍以上入るものがベストです。コーヒー豆は香ばしい焙煎したてのものを使いましょう。甘さも欲しい人は砂糖を足してもいいですし、逆に無糖で作って飲むときに調節してもOKです。ベースのお酒はブランデーに変えてもいいですよ。

味の変化が始まるのは2週間ほどです。お好みの味になったらコーヒー豆を取り出しましょう。1カ月以上経つと苦味が強くなってしまうことがあるので注意してください。できあがったら冷暗所で保存し、すぐに悪くなるものではないですが、おいしいうちになるべく早めに飲みましょう。コーヒー酒を作るときは、真夏は避けた方がいいでしょう。

コーヒーとお酒の組み合わせ方は豊富

コーヒーは甘さを楽しみたいときはコーヒーリキュールを使ったり、コーヒーの風味と味も楽しみたい人は、お酒をコーヒーでお酒を割ったり、さまざまな楽しみ方ができます。自宅でゆっくり飲みたい人はぜひコーヒー酒にもチャレンジしてみてください。

自宅で手軽に作れる『ブランデー・バック』カクテルの作り方と特徴

芳醇なブランデーの香りと、ジンジャーのスパイシーな風味が効いた「ブランデー・バッグ」。シンプルなレシピで手軽に楽しめる飲みやすいカクテルです。この記事ではブランデー・バッグの特徴やレシピ、おすすめの材料についてご紹介します。

キックのあるカクテル ブランデー・バック

ブランデー・バックはブランデーベースに、ジンジャーエールとレモンジュースを加えて作るロングカクテルです。別名「ロンドン・バック」とも呼ばれています。

カクテル名の由来や特徴

ブランデー・バックの「バック」は雄鹿という意味があり、「キックのあるカクテル」という意味で名付けられました。「キックがある」とはガツンと来る刺激がある味わいのことを意味します。

名前の割にアルコール度数はそこまで高くなく、飲みやすいため幅広い世代に人気です。ブランデー・バックだけではなく、ジンバック、ラムバック、ウォッカバックなど、スピリッツをジンジャーエールで割ったカクテルには「バック」が付きます。

味わいや美味しい飲み方

テイストは中口、度数はジンジャーエールの量によって変化しますが、15度前後です。ブランデーの風味とジンジャーの香り、レモンジュースの酸味によって口当たりが軽く、さっぱりとした味わいに仕上がります。ブランデー独特の香りや味わいが苦手な方にもおすすめです。

『ブランデー・バック』の作り方(レシピ)

自宅で楽しめるブランデー・バッグのレシピをご紹介します。

材料(ロンググラス使用/1杯分)

ブランデー 45ml
レモンジュース 15ml
ジンジャーエール 適量

引用:Cocktail Catalog GENUINE

作り方(手順)

  • グラスに材料を全て注ぐ。
  • ステアしてカットレモンを飾る。

ステアはジンジャーエールの炭酸が抜けないように軽く行いましょう。カットレモンが無い場合は添えなくてもOKです。

簡単アレンジレシピ

甘みは使用するジンジャーエールによって変化します。カナダドライは甘口に、ウィルキンソンは辛口にしあがるので、お好みの方を用意しましょう。レモン・ジュースを抜くとシンプルなカクテル「ブランデー・ジンジャー」となります。

『ブランデー・バック』作りにおすすめの材料

ブランデー・バック作りにぴったりなブランデーやジンジャーエールをご紹介します。

クルボアジェ VSOP ルージュ

ナポレオンの妻ジョセフィーヌをモチーフに作られた、世界中で愛されているコニャック。リーズナブルな価格でありながら、繊細でエレガントな味わいと香り高さを楽しめます。ロックやストレート、シンプルなカクテルなど風味を生かした飲み方がおすすめ。

・ 容量:700ml
・ 参考価格:¥3,760(税込)
・ Amazon 商品ページはこちら

カナダドライ ジンジャエール PET×3

カクテル作りにぴったりな、やや甘口のジンジャーエール。ぴりっとした風味、炭酸のすっきりした喉ごしが魅力です。辛いジンジャーエールが苦手な方でも飲みやすい味わいです。

・ 容量:500ml×3
・ 参考価格:¥296 (税込)
・ Amazon 商品ページはこちら

サンキスト100%レモン 300ml

料理やデザート、カクテルなど幅広く使えるレモン果汁。強い酸味と爽やかな風味が特徴で、生のレモンに近い味わいを楽しめます。大さじ2杯で生レモン1個分の果汁を摂取出来るため、健康が気になる人にもおすすめ。

・ 容量:300ml
・ 参考価格:¥355(税込)
・ Amazon 商品ページはこちら

『ブランデー・バック』を手軽に楽しもう

ブランデー・バックは少ない材料で手軽に作れる、初心者の方におすすめのカクテルです。味わいも癖がなく飲みやすいため、どんなシーンにも合わせられます。好みのブランデーやジンジャーエールを使用して、こだわりの味わいを追求してみて下さいね。

おすすめのカシスリキュールは?自宅でカクテルを作ってみよう

男女ともに愛されるリキュールといえばカシスリキュールではないでしょうか。一番有名なリキュールといっても過言ではありません。この記事では、少し変わったカシスを使ったカクテルやおすすめのカシスリキュールをご紹介していきます。

カシスリキュールとは?度数はどれくらい?

カシスリキュールはいうまでもなくカシスを使ったリキュールです。カシスにはビタミンCをはじめ、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。カシスリキュールに使われるカシスは収穫されてから24時間以内に作らなくてはいけないといわれています。

カシスリキュールのアルコール度数は、種類にもよりますが20度以下のため、カクテルとして飲むときは量にもよりますがおおよそ5%程度となります。これはビールと同じくらいなのでそんなに高いわけではありません。コンビニなどで売られているカシスのカクテルは3%程度のものが多く、飲みやすいのが特徴です。

おすすめのカシスを使ったカクテル

カシスといえば、真っ先に思いつくのはオレンジジュースで割ったカシスオレンジではないでしょうか。他にもおすすめカシスカクテルがたくさんあります。

ここではあえてド定番のカシスオレンジを外して、様々なカシスカクテルのバリエーションをご紹介します。

シャンパンでおしゃれに

カシスはソーダで割るのが一般的ですが、シャンパンまたはスパークリングワインで割ればキールロワイヤルというカクテルになります。アルコールで割るため度数は10度程度と高めにはなりますが、大人の味わいが楽しめます。アルコール度数は高めですが飲みやすいので飲みすぎには注意してください。

カシスと紅茶でカフェ気分

カシスウーロンを飲んだことがありますか?食事にもぴったりのカシスウーロンですが、最近はおしゃれなカフェご飯にお酒を飲みたいという人も増えています。そんな人におすすめなのがカシスティー。カシスリキュールを紅茶で割ったカクテルです。紅茶に砂糖を入れるような感覚で甘味を足すことができるので、さまざまな紅茶で作ることができます。アールグレイやダージリンなどなど、お好みの紅茶と分量を探してみてくださいね。

実は水割りもおいしいカシス

実はカシスリキュールは水割りでもおいしくいただけます。甘さが加わるのは嫌だけど炭酸が苦手という人は水割りやお湯割りを試してみてはいかがでしょうか。簡単に好みの濃さに調節できるのも水割りの魅力ですね。

家でも楽しむ。おすすめのカシスリキュール

カシスリキュールはシェイカーなどを使わず、簡単に作れるカクテルばかりなので、家で初めてカクテルを作るという人にもおすすめです。1本あればさまざまなカクテルが作れるので宅飲みしたいなんていうときも盛り上がります。

外せない定番。ルジェ

カシスリキュールといえばルジェではないでしょうか。むしろこれしか知らないなんて言う人も多いでしょう。アルコール度数は20度と少し高めですが、甘さが強めで飲みやすいのが特徴です。水割りでカシスの味を楽しみたいという人にもおすすめです。

  • 商品名:ルジェ クレーム ド カシス20度 700ml
  • 参考価格:1,208円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

マザリンなら濃厚なカシスを味わえる

甘さ控えめなカシスリキュールが好きな人はマザリン。濃厚なカシスを味わいたい人におすすめです。濃厚なのにリーズナブルな価格で、コストパフォーマンスが高いのも人気の理由です。

  • 商品名:マザリン クレーム ド カシス ディジョン 20度 700ml
  • 参考価格:1,288円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

カシスリキュールは飲むのも作るのも楽しい

居酒屋の定番であるカシスは、初心者でも楽しめるリキュールの一つです。定番のオレンジジュースやグレープフルーツジュースはもちろんのこと、ソーダやウーロン茶などたくさんのカクテルが作れます。飽きることなくリキュールも使い切れること間違いなし。お家カクテルを楽しんでみてくださいね。

ブランデーで作る『スティンガー』カクテルの作り方とおすすめの材料

すっきりとしたドライな味わいと、清涼感が特徴の「スティンガー」。ブランデーにミントリキュールを効かせたシンプルなカクテルです。この記事ではスティンガーの由来や特徴、自宅で作れるレシピ、おすすめの材料についてご紹介します。

針のようなカクテル『スティンガー』

https://www.google.com/search?biw=1280&bih=578&tbm=isch&sxsrf=ACYBGNQX888PEEQTgM2hVBtNMaBa0FyTdQ%3A1569171089565&sa=1&ei=kaaHXdaSIpmB-QaVxKSADw&q=site%3Aloohcs.jp%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%BC&oq=site%3Aloohcs.jp%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%BC&gs_l=img.3…62952.63386..63629…0.0..0.176.574.0j4……0….1..gws-wiz-img.NIgMPA1lpf0&ved=0ahUKEwiWn4rr8eTkAhWZQN4KHRUiCfAQ4dUDCAc&uact=5#imgrc=02-hnxhz1v-9fM:

スティンガーとはブランデーにペパーミント・ホワイトを加えて作るショートカクテルです。

『スティンガー』の特徴

スティンガーはニューヨークにあるレストラン「コロニー」が考案したカクテルです。カクテル名の「スティンガー(Stinger)」には英語で「針」や「皮肉人」という意味があります。

材料のペパーミント・ホワイトは、香り高い新鮮なミントを使用した、無色透明のリキュールです。ペパーミント・ホワイトを加えることで、名前の通り針のようにシャープな風味に仕上がります。

味わいや美味しい飲み方

テイストはすっきりとした辛口、TPOはアフターディナー(食後)が推奨されています。度数は30%前後とやや高めです。一般的にはカクテルグラスで提供されますが、レシピによってはオン・ザ・ロックで仕上げる場合もあります。

ブランデーの刺激的な風味に、ミントの清涼感が効いていて大人向けの味わいです。甘みが少ないので、チョコレートなどのスイーツを一緒にいただくのもおすすめ。

『スティンガー』の作り方(レシピ)

https://www.google.com/search?biw=1280&bih=578&tbm=isch&sxsrf=ACYBGNQX888PEEQTgM2hVBtNMaBa0FyTdQ%3A1569171089565&sa=1&ei=kaaHXdaSIpmB-QaVxKSADw&q=site%3Aloohcs.jp%E3%80%80バー&oq=site%3Aloohcs.jp%E3%80%80バー&gs_l=img.3…62952.63386..63629…0.0..0.176.574.0j4……0….1..gws-wiz-img.NIgMPA1lpf0&ved=0ahUKEwiWn4rr8eTkAhWZQN4KHRUiCfAQ4dUDCAc&uact=5#imgrc=8c-l42Dd8B3F7M:

自宅で作れるスティンガーのレシピと材料、バリエーションカクテルをご紹介します。

材料(グラス使用/1杯分)

ブランデー 45 ml
ペパーミント・ホワイト 15 ml

引用:カクテルタイプ

ブランデーは一般的にコニャックを使用しますが、お好みの銘柄に変更しても問題ありません。レシピがシンプルな分、材料が持つ個性が味わいに大きく影響します。

作り方(手順)

  • 材料をシェイクする。
  • カクテルグラスに注ぐ。

お好みでミントの葉を添えるのもおすすめです。自宅にシェイカーが無い場合は、材料を直接グラスに注ぎ、氷を入れてステアしても美味しく仕上がります。

スティンガーのバリエーションカクテル

  • オリジナルレシピにペルノを加えると、独特な香りのカクテル「スティンガー・ロイヤル」になります。
  • ペパーミント・ホワイトをペパーミント・グリーンに変更すると鮮やかな緑色のカクテル「エメラルド」になります。
  • ベースのウイスキーをジンに変更すると「ホワイト・ウェイ」、ウォッカに変更すると「ホワイト・スパイダー」になります。

『スティンガー』作りにおすすめの材料

https://www.google.com/search?biw=1280&bih=578&tbm=isch&sxsrf=ACYBGNTjo4kBjYYNa4aMEZO4oP3hhJCR7w%3A1569170985684&sa=1&ei=KaaHXZC2KZv6-Qbt75LAAw&q=site%3Aloohcs.jp%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC&oq=site%3Aloohcs.jp%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC&gs_l=img.3…72746.73766..74037…0.0..0.237.1389.0j8j1……0….1..gws-wiz-img.AtKHpJ7L5r8&ved=0ahUKEwjQ7sW58eTkAhUbfd4KHe23BDgQ4dUDCAc&uact=5#imgrc=9r5PRElmVSuktM:

自宅でスティンガーを作る際におすすめのブランデー、ミントリキュールをご紹介します。

ヘネシー V.S ブランデー

世界中のブランデー好きを魅了する定番のコニャック。スパイシーな香りとフルーティーな香り、エレガントな味わいが魅力です。上品な風味を生かすためにも、シンプルなカクテルやストレートでいただくのがおすすめ。

・ 容量:¥3,376
・ 参考価格:700ml(税込)
・ Amazon 商品ページはこちら

ペパーミント ジェット31 リキュール

販売数量世界ナンバー1を誇る、定番のミントリキュール。すっきりしたミントの風味と程よい甘さが、カクテルに清涼感をプラスします。オイルランプにインスパイアされたおしゃれなボトルが特徴です。

・ 容量:700ml
・ 参考価格:¥2,390(税込)
・ Amazon 商品ページはこちら

ボルス ペパーミントグリーン リキュール

スティンガーのアレンジレシピ「エメラルド」作りにおすすめの、ペパーミントグリーンリキュール。鮮やかなグリーンがカクテルを華やかに彩ります。ミントの爽やかな香りとほのかな甘みが特徴で、お菓子作りなどにも幅広く使用されます。

・ 容量:700ml
・ 参考価格:¥1,734(税込)
・ Amazon 商品ページはこちら

食後におすすめのカクテル『スティンガー』

https://jp.123rf.com/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AB.html?oriSearch=%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF+%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AB&sti=md1vw50fr0jh8r2egg|&mediapopup=57787953

スティンガーはさっぱりとしたミントと、ブランデーの個性を堪能できるカクテルです。ブランデー好きの方や、普段飲んでいるブランデーに飽きてしまった方はぜひ試してみて下さい。甘さ控えめなので、チョコレートケーキなど甘みの強いスイーツに合わせると美味しくいただけますよ。